インプラントの料金や目的に合った歯科利用~マウスにヘルス革命を~

歯

綺麗な歯並びにする

歯並びを整える必要性

歯

歯並びが悪いまま放置しておくと、むし歯の原因になったり、噛み合わせが悪いために消化不良をおこしたりなど、健康にも悪影響を与えかねません。また、肩こりや首こり、頭痛や耳鳴りなどの症状も、あごの骨の位置の悪さや、噛み合わせの悪さが原因である可能性もあります。あごや歯の位置が整う事によって、しっかりと噛む事ができ、歯磨きもしやすくなるので、口内の環境を清潔に保てるほか、身体のバランスも整い、噛む事で消化を助け、身体全体の健康に良い結果をもたらします。さらに健康面だけではなく、歯科矯正によって、発する言葉の発音や聞きやすさ、呼吸音など、見た目の美しさにも大きく影響します。海外ではそうした歯並びや口元の美しさは知性や教養の現れとして非常に重要視されています。

歯科矯正の方法について

歯科矯正とは、一般的に出っ歯や受け口など、噛み合わせの悪い歯並びを、自分の歯を生かしたまま矯正する方法の事です。口の中に矯正するための器具を入れ、歯に一定の力をかけて人工的に動かし、噛み合わせや歯並びを改善していきます。つけ初めの頃は、歯が動かされるような鈍い痛みが伴う事もありますが、次第に慣れていきますし、たいがいは痛みどめを必要とするレベルの痛みにはなりません。装置の大半は、歯科矯正中は取り外しができません。そのため、装置の隙間に食べ物が挟まりやすくなりますので、ガムやキャラメルなど、特に歯につきやすい食べ物は避け、丁寧な歯磨きをする必要があります。歯科矯正の方法はいろいろあり、中には着脱可能な装置もありますので、歯科医師の説明を受け、自身で方法を選択する事が重要です。